注意事項

  • ガイド料金は、全て傷害保険料込みの料金です。
  • ガイド内容は、天候等の自然条件やお客様の体力によって、変更または中止する場合がございますのでご了承ください。
  • お客様の都合によるキャンセルは、前日および当日に限り予定ガイド料金の半額を申し受けます。
  • 当日の宿泊場所〜登山口間の送迎サービスは、宮之浦〜安房〜尾之間近辺にお泊まりのお客様に限らせていただきます。
    なお、それ以外のお客様につきましては、森の案内人が指定する待ち合わせ場所までレンタカー等で来ていただき、そこから
    当方の車での送迎となりますのでご了承ください。
  • ガイド料金の支払いにつきましては、トレッキング終了後、現金にてお願い致します。

傷害保険

お客様の万一の場合等に備え、傷害保険に加入しています。
補償内容は、以下のとおりです。

死亡・後遺障害 858万円
入院日額 4,000円
通院日額 2,000円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 228万円

トレッキング中は、基本的にお客様個人の責任において行動していただきます。 従いまして、トレッキング中の事故その他については、傷害保険以外の補償はできかねますので、あらかじめご了承ください。

その他

装備及び持ち物 (春〜秋の日帰りトレッキングにおける装備例です。)

登山靴かトレッキングシューズがベストです。
ザック(リュックサック)
20〜30リットルぐらいの大きさの物をお勧めしますが、お弁当や着替え、雨具等が入るサイズでも十分です。
濡らしたくない物は、ビニール袋などに小分けして入れておくと雨の日も安心です。
ザックカバー
雨の日に備え、必ず持つようにしましょう。
レインウェア(雨具)
ジャケットとパンツに分かれたセパレートタイプがベストです。
雨の日の写真撮影やお弁当を食べる時など、折りたたみ傘が一本あると重宝します。
ヘッドランプ(懐中電灯)
備えあれば憂いなし。 予備の乾電池とともに忘れずに持つようにしましょう。
ストック(ステッキ)
必携の用具ではありませんが、足腰に自信のない方などにはお勧めします。
ご使用に当たっては、くれぐれも木道や植物等を傷つけないようストック先端のプロテクターを装着した状態でご使用ください。
服装
パンツは、ストレッチ素材のゆったりとしたものならジャージでも何でも構いません。
デニムのジーンズなどは、雨に濡れると足が上がらなくなるので避けた方が良いでしょう。
上着は、暑い時期でしたら半袖か長袖のシャツ、寒い時期でしたらフリース素材のジャケット等を一枚持つと良いでしょう。
手袋
春先や晩秋の悪天候の時以外は、無くても問題ありません。
タオル及び着替え
寒い時期でない限り、トレッキング中はかなりの汗を掻きますので、着替えと共に何枚か持つようにしましょう。
弁当
早朝出発する縄文杉トレッキング等の場合、朝、昼2食分の弁当が必要になります。
宿にお願いするか、早朝弁当屋さんで購入する(2食分で1,000円前後)方法があります。
なお、早朝弁当ご希望の方は、当方でも手配できますので、ご予約の際にお申し出ください。
水筒(ペットボトル)
500mlペットボトルを、お好みで1本か2本持つと良いでしょう。
たとえ中身が空になっても水を汲む場所は何カ所もありますので、トレッキング中や休憩時など、こまめに水分補給をするように
しましょう。
行動食(おやつ)
チョコレートやあめ玉など、お好みで持つと良いでしょう。

※屋久島森の案内人は登山用品のレンタルはやっておりませんが、レンタルショップのご紹介ならできます。
レンタル希望の方は、ご予約の際にお申し出ください(登山靴・ザック・雨具など 料金は、一品1,000円前後)。

ページ上部へ戻る